「Eternal September 2011」開催決定!

毎年9月恒例のカーネーションpresents「Eternal September」@LIQUIDROOM、今年は面影ラッキーホールとブラウンノーズをゲストに迎えてお送りします!

LIQUIDROOM 7th ANNIVERSARY
「Eternal September 2011」
es11_flyer_web.jpg
2011年9月17日(土)
会場:LIQUIDROOM
http://www.liquidroom.net/

出演:
カーネーション (サポート 中原由貴(Dr)sugarbeans(Key))
面影ラッキーホール
ブラウンノーズ

Open:17:00 Start:18:00
前売:4,500円 当日:5,000円(ドリンク別) 

カーネーションFC先行発売:あり(会員の皆様には郵送でご案内します)
FLIP SIDE ONLINE先行:7月26日(火)〜7月31日(日)

チケット一般発売
2011年8月6日(土)

チケットぴあ   0570-02-9999 [Pコード:145-308]
ローソンチケット  0570-084-003 [Lコード:75532]
e+(イープラス)    http://eee.eplus.jp
FLIP SIDE ONLINE TICKET  ttp://www.flipside.co.jp(先行販売のみ)
LIQUIDROOM店頭

(問)フリップサイド 03-3466-1100


【面影ラッキーホール】
omokage.jpg
号泣必至のリリックやメロディーに洒脱なアレンジ、他のバンドを圧倒するパワフルな演奏、さらにはキレ味鋭い時事ネタ含めた圧巻のライブパフォーマンスでバンド関係者をトリコにし、音楽関係者なら一度は耳にしたであろう名前ながら、"幻のバンド"とのあまり有難くない呼ばれ方でカルトヒーローとして地下音楽界に君臨。しかし実際は、確信犯的に歌謡曲のエッセンスを取り込み、R&B、HIP-HOP、SOUL、FUNK、BLUES、GOSPEL、REGGAE、DUBなどの黒人音楽のエキスをたっぷりと注入、そして"曲名がそのまま"の完璧なストーリーテリング。長らくカルト・バンドとして音楽通達の間でのみ密かに楽しまれてきたアングラ・バンドだったが、2007年のフジロック出演以降、活動が活性化、なぜかTV地上波でO.A.されているアニメの主題歌まで担当し、一気にお茶の間レヴェルまで名前が浸透!2011年6月、ニュー・アルバム『ティピカル・アフェア』が発売となり話題に!!今、間違いなくキテるバンドです!!!

面影ラッキーホール オフィシャルサイト
http://www.omokageluckyhole.com/


【ブラウンノーズ】
brownnose_small.jpg

ブラウンノーズは兄弟2人組。
1997年の1stアルバム『UNDERGROUND RADIO SHOW』は8トラックカセットMTRで録音。
当初カセットテープで細々と発表していたのがキャプテントリップレコードからめでたくCD化。
ずっとファンだったカーネーション直枝政広と奇跡的な出会いがあり、直枝政広のソロアルバムに参加。
2001年2nd『LIFE IS QUESTION』を2枚組で発売。
直枝政広ソロアルバム『HOPKINS CREEK』も同日発売。音楽、人生、食べ物と大いに影響を受ける。
以後、年に1~2回のペースでライブ活動。
2001年からアルバムを出す宣言を毎年しているが、日本酒と料理の研究に没頭しているのでなかなか実現は難しい。そんなマッタリの中、今まで録り貯めていたりボツ曲を集めて、2010年にライブ会場限定CD『古酒』発売。2011年、今年はやる!いや、今年こそはやらないとマジでヤバい!!
果たして10年ぶりの奇跡となるか?!

メンバー
ブラウンノーズ1号(カッコいい方)/ブラウンノーズ2号(そうでない方)

ブラウンノーズ MySpace
http://www.myspace.com/brownnose12


【セットリスト】(カーネーションのみ)

1. MAGIC
2. My Little World
3. 60wはぼくの頭の上で光ってる (w/ブラウンノーズ)
4. もうあきてしまった(長谷川きよし)大田Vo
5. ANGEL
6. ジェイソン
7. The End of Summer
8. Edo River

encore.1   
PARADISE EXPRESS
夜の煙突(w/aCKy&西村哲也&光永巌&ブラウンノーズ)




 カーネーション CARNATION

Monthly Archives