カーネーションのトリビュート盤から7インチの2タイトル同時リリースが決定!

カーネーションのトリビュート企画盤『なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?』から、7インチの2タイトル同時リリースが決定!両タイトルとも4月上旬発売予定となります。

カーネーショントリビュート EP1  
なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?
ミツメ/スカート

JS7S068.jpg

発売日:2014年4月上旬予定
レーベル:なりすレコード/JET SET
価格:1,389円(税抜)

【収録曲】
A:ミツメ / Young Wise Men
AA:スカート / 月の足跡が枯れた麦に沈み

10年代文学系インディ・バンド、ミツメとスカートがカバー合戦!

豪華メンバーの参加したカーネーションのトリビュート企画盤『なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?』から、7インチの2タイトル同時リリースが決定。こちらミツメ/スカート編は、CD同様の西村ツチカ先生によるイラスト・ジャケットでお届け致します!

ロック・バンド、カーネーションの結成30周年を記念して、かねてから敬愛を表明してきた澤部渡(スカート)と佐藤優介(カメラ=万年筆)の2人が発起人となり制作したトリビュート盤が『なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?』です。同CDからのアナログ・カットとなる本作は、東京のインディー・シーンで確固たる支持を集める人気バンド同士がマッチアップしたスプリット盤。まずA面では、'88年のファースト・アルバム収録曲"YOUNG WISE MEN"をピックアップしたミツメが、実に彼ららしいちょっと気だるくも爽やかな3分間ポップスを披露。シンプルなアレンジだけに、芯となる楽曲の素晴らしさも再発見される好カバーです!対するAA面のスカートは、'99年発表の『Parakeet & Ghost』に収録された「月の足跡が枯れた麦に沈み」に挑戦です。原曲の繊細かつ美しいソングライティングを見事に継承し、アコースティックな弾き語りから、徐々に色彩を加えて華やかに展開、高揚していく圧巻のポップ職人っぷり。発起人の面目躍如の大仕事です!


カーネーション トリビュート EP2 
EDO RIVER
うどん兄弟 WITH カメラ=万年筆/曽我部恵一 

JS7S069.jpg

発売日:2014年4月上旬予定
レーベル:なりすレコード/JET SET
価格:1,389円(税抜)

【収録曲】
A:うどん兄弟 with カメラ=万年筆 / Edo River
AA:曽我部恵一 / Edo River

中学生アイドルうどん兄弟と曽我部恵一がカーネーションの同一曲をカバーした、2014年ならではの衝撃カルチャーミックス盤!

カーネーションのトリビュート企画盤『なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?』から、7インチの2タイトル同時リリースが決定。こちらはグラウンドビート期のアーバン・ソウル・ポップ超名曲を、双方が持ち味たっぷりにカバーした"Edo River"編です!

ロック・バンド、カーネーションの結成30周年を記念して、かねてから敬愛を表明してきた澤部渡(スカート)と佐藤優介(カメラ=万年筆)の2人が発起人となり制作したトリビュート盤が『なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?』です。同CDからアナログ・カットとなった本作は、両面ともに"Edo River"のカバーを収録。セールス的にも成功を収めた'94年のアルバム『Edo River』収録のオリジナルは、ダンサブルな打ち込みビートとメロウなソングライティングの邂逅した名曲中の名曲。いやがおうにも期待が高まりますが、まずAサイドでは、アイドル・ユニットANNA☆Sから派生した中学生ラップ・ユニットうどん兄弟が、カメラ=万年筆をバックに従えたシンセ・ディスコ・ポップ・バージョンを披露。驚くほどキャッチーかつ洒落た出来栄えで応えてくれます!そしてAAサイドは、曽我部恵一による陽だまりのリラクシン・アコースティック・ブレイクビーツ・ポップで、自身の最新曲「汚染水」にも通じる10年代ムードの投影された流石のセンス!脱帽です。

 カーネーション CARNATION

Monthly Archives