Release Information

カーネーション、新曲2曲収録のオールタイムベストアルバム発売決定!

昨年発売の最新アルバム『Suburban Baroque』も好評を博し、長いキャリアながらも常に新しい音楽的指標をリスナーに提示し続けているカーネーション。このたび、カーネーションの35年の歴史を網羅した楽曲に加え、新曲2曲を追加した最新オールタイムベストアルバムの発売が決定した。

「Edo River」をはじめとする90年代の代表曲から最新アルバム『Suburban Baroque』収録曲まで、35年の歴史の中から選りすぐった決定版ベスト。シングルとなった代表曲やライヴの定番曲、またSNSでファンから募った「裏名曲」を参考に選曲した全28曲に、新曲「サンセット・モンスターズ」と「Future Song」を加えた全30曲をCD2枚組に収録。新曲「Future Song」には、旧メンバーである矢部浩志(Drums)、棚谷祐一(Keyboard)、鳥羽修(Guitar)がレコーディングで参加している。

本作リリース直後の6月30日(土)に日比谷野外音楽堂にて35周年記念公演「SUNSET MONSTERS」が開催される。一般チケットは4月7日(土)販売開始。

■リリース情報
カーネーション
『The Very Best of CARNATION "LONG TIME TRAVELLER"』
2018年6月20日発売
CRCP-40553/54 (CD2枚組) 3,241円+税
cnt_longtime_cover_web.jpg

【収録曲】
2枚組全30曲収録、曲順未定。()内はオリジナル作品

■DISC 1
1. 夜の煙突(『GONG SHOW』)
2. 未確認の愛情(『天国と地獄』)
3. Edo River(『EDO RIVER』)
4. It's a Beautiful Day(『a Beautiful Day』)
5. Garden City Life(『GIRL FRIEND ARMY』)
6. I WANT YOU(SG『No Goodbye』)
7. New Morning(『booby』)
8. サンセット・サンセット(『ムサシノep』)
9. 月の足跡が枯れた麦に沈み(『Parakeet & Ghost』)
10. Strange Days(『Parakeet & Ghost』)
11. REAL MAN(『LOVE SCULPTURE』)
12. センチメンタル(『LOVE SCULPTURE』)
13. 長い休日(V.A.『Smells Like Teenage Symphony』)
14. やるせなく果てしなく(『LIVING/LOVING』)
15. ANGEL(『SUPER ZOO!』) 

■DISC 2
1. スペードのエース(『SUPER ZOO!』)
2. 十字路(『SUPER ZOO!』)
3. 魚藍坂横断(『SUPER ZOO!』)
4. オフィーリア(『WILD FANTASY』)
5. PARADISE EXPRESS(『WILD FANTASY』)
6. ジェイソン(『Velvet Velvet』)
7. さみだれ(『Velvet Velvet』)
8.  I LOVE YOU(『SWEET ROMANCE』)
9. アダムスキー(『Multimodal Sentiment』)
10. いつかここで会いましょう(『Multimodal Sentiment』)
11. E.B.I(『Multimodal Sentiment』)
12. Peanut Butter & Jelly(『Suburban Baroque』)
13. Little Jetty(『Suburban Baroque』)
14. Future Song ※新曲
15. サンセット・モンスターズ ※新曲

日本クラウン(カーネーション)


【Record Store Day限定盤】直枝政広『HOPKINS CREEK』アナログ盤(180g重量盤)発売決定!

直枝政広 『HOPKINS CREEK 』、RECORD STORE DAYJAPAN 2018アイテムとしてアナログ盤発売決定!

※インストアイベント情報:4月21日@PIED PIPER HOUSE(タワーレコード渋谷店5F)
詳細はこちら

2000年にリリースされた直枝政広の全曲宅録ソロ・アルバム『HOPKINS CREEK』、遂にアナログ盤リリース!宅録の職人技に加え、盟友ブラウンノーズを迎えた演奏はどこまでも自由奔放。ホーム・レコーディング作品として現在もなお高い評価を得ている傑作。全宇宙必聴盤。(180g重量盤アナログ仕様です)

hopkinscreek_jkt_web.jpg
直枝政広 『HOPKINS CREEK 』
Cosmic Sea Records
CSRD4
フォーマット:LP(180g重量盤)
価格:3,000円(税抜)
発売日:2018年4月21日(水)発売

トラックリスト:

SIDE A
1. 大食漢
2. JUICY LUCY
3. LONESOME BLACK BEAR
4. テレビ塔のロリータ
5. アルバトロス
6. HOME MOVIE

SIDE B
1. ギターに映る空
2. フライパンの宇宙に愛を
3. DEAR SIR/MADAM, ~牛蛙三度笠(BULLFROG BROTHER)
4. 野いちご
5. 夏の流れ

RECORD STORE DAY公式ページはこちら
 

カーネーション『Suburban Baroque』定額制音楽ストリーミングサービス配信開始

カーネーション『Suburban Baroque』、定額制音楽ストリーミングサービスの配信が始まりました!他のアルバムもご試聴できる場合がありますので、アーティスト名などで検索してみてください。

■Apple Music

■レコチョクBest
・スマホ
・PC

■Google Music
 
■AWA
 
■LINE MUSIC

■KK-BOX

カーネーション、最新アルバム『Suburban Baroque』が 180g重量盤仕様アナログ盤発売決定!

アナログ盤発売決定!

シンガーソングライターの吉澤嘉代子や田村玄一(KIRINJI)、佐藤優介(カメラ=万年筆)、浦朋恵、岡本啓佑(黒猫チェルシー)といったゲスト陣に加えて、元メンバーの矢部浩志もレコーディング参加。前作から僅か1年、旺盛な創作意欲を反映したストレートなロック・アルバムにして、本年度の国内ロック部門屈指の傑作です!

 結成34年を迎えてもなお、若きリスナーから円熟のポップ・マニアまで魅了し、音楽シーンに確固たる存在感を示し続けているカーネーション。9月13日(水)にCDリリースされた17枚目のオリジナル・アルバム『Suburban Baroque』が、180g重量盤でアナログ化となります。

 『Suburban Baroque』というタイトル通り、「からまわる世界」('90)「Edo River」('94)「Garden City Life」('95)といった過去の名作たちに連なる、都市近郊の虚ろな日常風景から生まれた楽曲たち。ファンキーで陽性なポップ・ナンバー「Shooting Star」に始まり、グルーヴィーで切ないリード曲「Peanut Butter & Jelly」、美しいメロディを極めたバラッド「夜の森」、キラキラと爽やかなブリティッシュ・ポップ・マナーの「Younger Than Today」、センチメンタル・シンセ・ポップ「Girl」、吉澤嘉代子が艶やかなコーラスを沿えたスウィート・サイケデリック・ポップ「Please Please Please」など、珠玉の全11曲を収録。佐野元春、曽我部恵一、澤部渡(スカート)、吉澤嘉代子と各世代を象徴するシンガーソングライターたちが賛辞を寄せています。
(JET SETプレスリリースより転載)

カーネーション​ ​​ ​『Suburban Baroque​​​ ​​ ​』(アナログレコード)
SB_web.jpg

発売日: 201​7​年​​​​​​​1​​2月​​​​6日(水)
価格: ​​​​​​​​​3,600​円+税 
レーベル:​CROWN STONES / ​JET SET
品番: ​​​​JS​LP087​
形態: ​​​​​​​​LP​(180g重量盤)

収録曲:
​Side A
1. Shooting Star
2. Peanut Butter & Jelly
3. ハンマーロック
4. Little Jetty
5. 夜の森

Side B
1. Younger Than Today 
2. 金魚と浮雲
3. Girl 
4. Suspicious Mind
5. Please Please Please 
6. VIVRE

カーネーション17枚目のオリジナルアルバム『Suburban Baroque』9月13日売決定!

■アナログ盤発売決定!詳細はこちら
■インストアイベント情報こちら
■特典情報はこちら
carnation_sb_web.jpg  
緻密に練られた楽曲や演奏力抜群のアンサンブル、直枝政広の人生の哀楽を鋭く綴った歌詞や圧倒的で個性的な歌唱、さらにはレコードジャンキーとしての博覧強記ぶりで、音楽シーンに大きな存在感を示し続けるバンド=カーネーション。結成34年という長い活動期間を経ながらも、若きリスナーから円熟のマニアまでをも魅了する彼らだが、旺盛な創作意欲は留まるところを知らず、昨年に引き続き本年度も CROWN STONESからニューアルバムを発表する。

 本作では2009年に脱退した矢部浩志が脱退後初めてレコーディングに参加、トリオ時代を彷彿とさせるカーネーションサウンドがよりレベルアップして復活。矢部以外のドラマーには近年のカーネーションを支えてきた張替智広や、黒猫チェルシーの岡本啓佑が参加。それぞれ楽曲にあわせた個性豊かなプレイと大田譲のベースとのコラボレーションも聴きどころ。他にも妄想系シンガーソングライターとして注目を集めている吉澤嘉代子が1曲コーラスで参加、直枝のヴォーカルとの絡みで儚く妖艶な魅力を発揮している。他にもKIRINJIの田村玄一やツアーメンバーである松江潤ら、豪華で幅広いメンバーがアルバムに色を添えている。
 また、アルバム発売後の2017年秋には全国主要都市でのリリースツアーを実施。(ツアー情報はこちら

■リリース情報
カーネーション
『Suburban Baroque』 (サバーバン・バロック)
SB_web.jpg
2017年9月13日発売
全11曲収録
¥3,056+税
CRCP-40525/26

※ハイレゾ音源 9月13日同時リリース!
■e-onkyo
■レコチョク
■OTOTOY
■mysound
■mora

【DISC1】
1.Shooting Star
2.Peanut Butter & Jelly
3.ハンマーロック
4.Little Jetty
5.夜の森
6.Younger Than Today
7.金魚と浮雲
8.Girl
9.Suspicious Mind
10.Please Please Please
11.VIVRE

【DISC2】   
DISC1収録曲のインストバージョンを収録

■参加アーティスト
浦朋恵
岡本啓佑(黒猫チェルシー)
佐藤優介(カメラ=万年筆)
田村玄一(KIRINJI)
徳澤青弦
張替智広(HALIFANIE、キンモクセイ)
藤井学(The Miceteeth)
松江潤
矢部浩志
吉澤嘉代子 他


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「近郊のバロック」

 アルバム年1作ペースは自分でも驚きだが、曲なら時間さえあえればできるという確信はあった。年間を通して多忙を極めているが、今年の2月あたりから少しずつ作曲を始め、5月の下北沢Gardenでのワンマン公演『Meteo Parkway』ではこのバンドならではのグルーヴとめくるめく明るいサビをもつ「Shooting Star」と"青の時代"その光と影を歌い込んだ「Peanut Butter & Jelly」を披露。その2曲を核に、ライヴの翌週からレコーディングがスタートした。

 テクノっぽい「Girl」、ライヴ定番曲「アダムスキー」に続くパワー・ポップの「ハンマーロック」、1965年あたりのスウィートなR&Bを強く意識した「VIVRE」を録音しつつ、アルバムに足りない数の曲を徐々に揃えていったわけで、ぼくは現場で常に強いプレッシャーにさらされることになった。5月末には「Suspicious Mind」「金魚と浮雲」、今春に福島のいわきで歌った記憶が歌になった「夜の森」と多様な曲生まれたが、6月にもらった10日間の曲作り期間に一気に、華飾を極めた「Please Please Please」、初めから大田くんに歌わせるつもりで作った「Little Jetty」、次世代へのメッセージを込めた「Younger Than Today」をものにし、本作の全貌がようやく見えてきた。やればやるほど意外な表情をした自分が顔を出すので、曲作りが面白くてしかたがなかった。この短いタームだからこそのハイ・テンションな感覚とも言えるのだろうが。

 何でもないと思える日常がどれだけ貴重かは、長く生きれば痛いほど思い知らされるが、さらにやり直す時間はどこにもないという思いが繰り返し歌となって降ってくるようになった。文体も"以前に使った言葉は使わない"といったスタイリッシュな態度を否定し、"重要だと思うことは何度でも繰り返す"ようになってきている。そして生活そのものがファンタジーであることを痛切に感じるのと同時に、一見何でもない色褪せた空の色や、あの都市近郊の疲弊感こそが歌になるという思いも年を追うごとに強くなっている。振り返れば「からまわる世界」('90)、「Edo River」('94)「Garden City Life」('95)、そして前作の「いつかここで会いましょう」(2016)が描いた風景は今も自分の中心世界に存在しているのだった。『Suburban Baroque』(近郊のバロック)というアルバム・タイトルは平熱の街かどの空虚でうつろな視点をさらに強くストレートに示したものになった。

直枝政広 (カーネーション)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 カーネーションの新作を聴いた。直枝さんの音楽は健在だ。僕の心を捉えるのは、「Younger Than Today」のソングライティング、「Girl」のサウンド・デザイン、そして「夜の森」のメロディーだ。どの曲も官能的なエッジを持っている。言葉だけでは、メロディーだけでは表せない複雑な感情を伴った調べ、記憶の彼方から覚醒を促されるような音楽だ。カーネーションがこれまで積み上げてきた時間と、まだ見ぬ時間に最大の敬意を。
佐野元春

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

「夜の森」への偏愛を告白させてください。はじめて聴いた時、胸がいっぱいになりました。『ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン』一枚分の効能がこの一曲に凝縮されているような気さえします。それなのにこの気持ちを説明することが出来ない。とてももどかしいのだけど、このもどかしささえ愛おしく感じ、自分を確かめるように何度も、何度も聴いてしまいます。「夜の森」の話だけをしてしまいましたがアルバムを通してアイデアとキュートさに溢れた本当に素敵な作品です。『Shooting Star』ではじまり『VIVRE』で終わる、とても美しい円です。
澤部渡(スカート)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

中年男のサイケデリア爆発で、当方悶絶死しました。48分に渡る音の性教育。または脳内迷宮ドライブの記録。当方ヘトヘトです。
曽我部恵一

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

「Please Please Please」にコーラスで参加をさせて頂きました。一聴して、なんて素敵な曲だろうと思いました。甘苦しい青春の煌めきを感じる曲です。直枝さんの声に相応しいヒロインになれるよう、私の中に僅かに育った色気という色気を絞りきり歌いました。
吉澤嘉代子

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 



日本クラウン:カーネーション

カーネーション『Suburban Baroque』ディスクユニオン限定セット&オリジナル特典情報

カーネーション・本秀康・ディスクユニオンのトリプルコラボレーションが実現!カーネーション『Suburban Baroque』ディスクユニオン限定オリジナルLPキャリングバッグ付限定セット販売決定!
LPcarrying_DU.jpg

人気イラストレーター/漫画家の本秀康氏書き下ろしイラストを使用したオリジナルLPキャリングバッグ付きのディスクユニオン限定セットを販売します。

カーネーション『Suburban Baroque』(CRCP- 40525/26)+オリジナルLPキャリングバッグセット(¥6,944+税)
※数量限定につき無くなり次第販売終了となります。予めご了承ください。

詳細はこちらからご確認ください→http://diskunion.net/jp/ct/detail/1007467448


【カーネーション『Suburban Baroque』オリジナル特典情報】

下記店舗にて2017年9月13日(水)発売『Suburban Baroque』(CRCP- 40525/26)をご予約・ご購入された方に先着でオリジナル特典を差し上げます。

■ディスクユニオン(オンライン通販含む):
直枝政広&大田譲によるオーディオコメンタリーCD-R
(『Suburban Baroque』作品解説)

diskunion ONLINE商品ページ 
『Suburban Baroque』CD

『Suburban Baroque』オリジナルLPキャリングバッグセット

■TOWER RECORDS(TOWER RECORDS ONLINE含む):オリジナルA4クリアファイル

tw_tokuten.jpg
TOWER RECORDS ONLINE商品ページ 


■HMV一部対象店:ジャケットステッカー 
●対象店...HMV&BOOKS TOKYO、record shop渋谷、record shop新宿ALTA、record shopコピス吉祥寺

※上記の特典は数に限りがございますのでなくなり次第終了となります。
※店舗によっては取り扱いのない店舗もございます。

■カーネーション ライヴ会場&CARNATION Online Shop
ジャケットステッカー&バッヂ(予定)

※オンラインショップのご予約開始は8月下旬を予定しております。

直枝政広参加: Darjeeling(ダージリン) 「8芯二葉〜WinterBlend」

Darjeeling(Dr.kyOn&佐橋佳幸)の新作に直枝政広が参加致しました。ぜひお手にとってみてください!

GEAEG RECORDS レーベル設立 第 1 弾作品! 
豪華ゲストヴォーカル、ミュージシャン陣を迎えた Darjeeling 初のオリジナル・アルバム! 

Darjeeling(ダージリン)
「8芯二葉〜WinterBlend」
11月8日発売
CRCP-40530 2,315円+税

1. Holiday In Columbo
2. てく、てく。
 [森雪之丞 (作詞)、元ちとせ (Vocal)、高橋幸宏 (Drums)、小原礼 (E.Bass)]
3. 春が来りゃ 乙女じゃなくても 夢見がち 
 [高野寛 (作詞/Vocal & Ukulele)、三沢またろう (Percussion, Xylophone & 掛け声)、細野晴臣 (E.Bass)]
4. X'mas Tree Cubes 
 [三沢またろう (Percussion & Glockenspiel)]
5. See You Again
 [直枝政広 (作詞/Vocal)、三沢またろう (Percussion)]
6. 死者の歌
 [カルメン・マキ (作詞/Vocal)]
7. Jasmine Moon Murder
 [三沢またろう (Percussion)]
8. Two Pigs(リプトン家の孤児)

全8曲収録 / 全作曲:Darjeeling


<ALBUM TOPICS>
Darjeeling(ダージリン)はキーボーディスト Dr.kyOn とギタリスト佐橋佳幸からなるインストユニット。 

・ゲストヴォーカルに、元ちとせ、高野寛、直枝政広(カーネーション)、カルメン・マキが参加。 

・ライブでも人気の楽曲を、Darjeeling の 2 人だからこそ参加が叶った豪華アーティスト達とともに音源化。 

・参加メンバー:小原礼(ベース M2)、高橋幸宏(ドラム M2)、細野晴臣(ベース M3)、 三沢またろう(パーカッション M3,4,5,7)、森雪之丞(作詞 M2) 

・アルバムタイトル="8芯二葉"は理想的な紅茶の摘み方を指す"一芯二葉"から。ひとつの芽とそのすぐ下にある2枚の若葉を指す言葉をもじったもの。 

直枝政広参加:3776 『公開実験 (LINK MIX)』

3776のLINK MIX作品に直枝政広のミックスが収録されます!

3776 『公開実験 (LINK MIX)』
3776_jkt.jpg
2017年8月30日発売
[Natural Make]NAMA18 
2,500円(税込)

直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)らをはじめとした、 11名の気鋭の「俯瞰派」による、3776「LINKモード」の解釈。 

既発のCD「3776 / 公開実験 《山梨版》」「3776 / 公開実験 《静岡版》」がミックスされた 《LINK MIX》の11通りの答えがここに。 

■トラックリスト
1.見えない《LINK MIX》Case of イトウヨシノリ
2.桃としらすの歌《LINK MIX》 Case of S.A.L. as ROMANTIC PRODUCTION
3.見えない《LINK MIX》 Case of OTONARISOUND
4.もうちょっとおやすみ《LINK MIX》 Case of 西中島きなこ
5.桃としらすの歌《LINK MIX》 Case of ひろし/せまし
6.私のものです!《LINK MIX》 Case of skddj
7.見えない《LINK MIX》 Case of フカヲ
8.私のものです!《LINK MIX》 Case of 直枝政広
9.もうちょっとおやすみ《LINK MIX》 Case of 掟ポルシェ
10.桃としらすの歌《LINK MIX》 Case of motan
11.見えない《LINK MIX》 Case of 永田壮一郎


【7インチシングル発売!】
レコードの歴史上において(多分?)初の試み!!!
11/3「レコードの日」を記念してリリースされる富士山ご当地アイドル<3776>の7インチ・シングルは<静岡版>か<山梨版>の2ヴァージョンが針と落とすまで、どちらが収録されているか判らない前代未聞のアトランダムEP!

今年の5月から富士山ご当地アイドルとして、静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動を再開した、3776。「リンクアイドル」とは、少し離れた2つのステージで、同じタイトルの別解釈の曲を、同時にライブする、というスタイル。このライブを元に制作されたCD『公開実験』から、リードトラックの「私のものです!」が、2017年の「レコードの日」を記念して
7インチ・シングルカットが決定!!しかもA面は、「私のものです!」の<静岡版・井出ちよの>または<山梨版・広瀬愛菜>のどちらかを収録した、針を下ろすまでどちらのヴァージョンが収録されているか判らない前代未聞のアトランダム・レコード仕様!!!

またB面には、8月30日に発売されたCD『公開実験』<<LINK MIX>>からカーネーショの直枝政広がミックスを手掛けた「私のものです!《LINK MIX》 Case of 直枝政広」を収録!

3776 「私のものです!」アトランダムEP
定価:1500円+税
なりすレコード SZYM-3776

収録内容:
A面:「私のものです!<静岡版>」 または 「私のものです!<山梨版>」 の、どちらかを収録。
B面:「私のものです!《LINK MIX》 Case of 直枝政広

カーネーション『Multimodal Sentiment』ハイレゾ配信決定!

昨年7月14日にリリースされたカーネーション最新作『Multimodal Sentiment』が遂にハイレゾ(48khz/24bit)配信決定!

【配信サイト】
■OTOTOY (http://ototoy.jp
2017年1月10日より配信開始
配信形態:ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
直枝政広インタビュー:http://ototoy.jp/feature/2017011000

■e-onkyo music (http://www.e-onkyo.com/music
2017年1月20日より配信開始

【価格】
アルバム 3200円(税込) 単曲 324円(税込)

カーネーション『Multimodal Sentiment』
carnation_cover_web800.jpg
【収録曲】
1. まともになりたい 
2. WARUGI
3. Lost in the Stars
4. いつかここで会いましょう
5. Pendulum Lab
6. 跳べ! アオガエル
7. アダムスキー (Album Mix)
8. Autumn's End
9. E.B.I. 
10. 続・無修正ロマンティック 〜泥仕合〜 
11. Blank and Margin
12. メテオ定食 (Album Mix)

渋谷FMアーカイヴ集『EVERYBODY KNOWS? RADIO SESSIONS 1997-2014』

直枝政広「ギターに映る空」が収録されました!

『EVERYBODY KNOWS? RADIO SESSIONS 1997-2014』

EVERYBODY KNOWS RADIO SESSIONS ジャケ写.jpg

SHIBUYA-FM のラジオプログラム『EVERYBODY KNOWS?』。局自体は 2013 年1月11日を以て、コミュニティ FM としての役割を終えたが、閉局まで 770 回以上の長期間に渡り良質の音楽を狭小エリアから発信し続けた。国内外から多種多様なジャンルのゲストを迎え収録された貴重なスタジオ LIVE アーカイヴ音源が BOX CD セットとしてリリース!1997~2014(後続のネットラジオ局/shibuya-fm 含む)に存在した海賊放送的ラジオが人知れず渋谷発信した、90年代後半渋谷系以後の音楽シーンを記録した二度と編むことの出来ないコレクターアイテム。

発売日:2016年7月27日
品番 QFCT10011-1003 
価格:6900円(税込)
発売元:TRAVELIN'WORD 
販売元:TEICHIKU ENTERTAINMENT

●仕様
①CD3枚組(仕様)トータル・アートワークbyレコード水越a.k.aスッパマイクロパンチョップ)
➁DVD(Last Day Of EVERYBODY KNOWS?ドキュメント・ムービー約40分)☆アーカイヴ映像:森山達也(THE MODS)
③60Pブックレット「RADIO MAGAZINE」
☆1997~2014番組全記録データ&アーカイヴ・インタヴュー(インタビュアー小野島大)

☆アーカイヴ音源参加アーティスト、番組出演者を中心に据えたラジオについての全書き下しコラム『28人のラジオコラム』
谷川俊太郎/PANTA/友部正人/佐野元春/加藤ひさし(THE COLLECTORS)/高浪慶太郎(ex.PIZZICATOFIVE)/小山卓治/三代目魚武濱田成夫/サエキけんぞう/こだま和文(ex.MUTEBEAT)/高野寛/畠山美由紀/杉作J太郎/和久井光司/小野瀬雅生(CRAZY KEN BAND)/さんちゃん(noid)/森山公一(オセロケッツ/the Sokai)/ヨシノビズム(音の球宴)/御徒町凧(詩人)/東良美季(作家)/鶴田正人(WOOLYARTS/magazine)/LITTLEMASTA (ex.BLUEBEAT PLAYERS)/すずきゆきこ(BUGY CRAXONE)/ナリオ(映像作家)/真利子哲也(映画監督)/長沼秀典(VELTPUNCH)


トラックリスト等、商品情報はこちらをご覧下さい

 カーネーション CARNATION

Monthly Archives