2017年2月

台湾公演決定!CARNATION live in 台湾

カーネーション、初の台湾公演が決定致しました!

CARNATION live in 台湾
日本元祖CITY-ROCK團「CARNATION (カーネーション)」明年二月要來台灣公演

2017年2月26日(日)
台北月見ル君想フまでの行き方:
古亭駅の6番出口。大通り(和平東路一段)に出たら左へ歩くと、Gakuden(樂田)というパン屋があります。そこを左に曲がりまっすぐ進み、突き当りを右に15mほどで台北月見ル君想フがあります。

出演:
・CARNATION (カーネーション 康乃馨)<ACOUSTIC SET>
・洪申豪(VOOID)

Guest DJ:長谷川陽平a.k.a 陽平哥
 
ticket:adv. 500元 door 600元 (含一杯飲料)
時間:open 19:30 / start 20:00
(こちらは中国語での返信となりますので、日本語対応のご予約は以下のフォームよりご予約ください。以下の公演タイトル部分をクリックすると予約フォーム詳細に移動します

CARNATION profile
 
1983年12月從樂團前身「耳鼻咽喉科」更名為「CARNATION」。成員直枝政廣,是從初代到現在的唯一一人。1984年 在NAGOMU Records以單曲「夜的煙囪」出道。之後,樂團經歷數度成員的更替、潮流的變遷,仍持續推出一張又一張的傑作。樂曲中逐漸成熟的洗鍊、直接地刻畫著人生的哀樂的歌詞、高超的演奏與壓倒性歌唱力、並以博聞強記的唱片愛好家著名等,對樂壇有著絕大的的存在意義。成員直枝政廣(Vo.G)和大田譲(B)兩人在樂壇眾多人的敬仰與支持之下,,2013年為慶祝CARNATION結團30週年,由澤部渡(スカート主唱)發起集結14組音樂人翻唱CARNATION歌曲,發行 致敬專輯『なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?』。第十六張最新創作專輯『Multimodal Sentiment』也睽違四年在2016年7月13日發行!
<『Multimodal Sentiment』專輯合作参加> 大谷能生、大森靖子、川本真琴、佐藤優介(カメラ=万年筆)、sugarbeans、徳澤青弦、西川弘剛(GRAPEVINE)、張替智広(HALIFANIE、キンモクセイ)、松江潤等。
 

1983年12月 「耳鼻咽喉科」を前身に「カーネーション」結成。当時からのオリジナルメンバーは、直枝ひとり。 1984年 シングル「夜の煙突」(ナゴム)でレコードデビュー。以降、数度のメンバーチェンジを経ながら、時流に消費されることなく、数多くの傑作アルバムをリリース。練りに練られた楽曲、人生の哀楽を鋭く綴った歌詞、演奏力抜群のアンサンブル、圧倒的な歌唱、レコードジャンキーとしての博覧強記ぶりなど、その存在意義はあまりに大きい。現メンバーは直枝政広(Vo.G)と大田譲(B)の2人。他アーティストからの支持も厚く、2013年には結成30周年を祝うべく14組が参加したトリビュートアルバム『なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?』が発売された。2016年7月13日に4年ぶり16枚目のオリジナルアルバム『Multimodal Sentiment』をリリース。
<参加アーティスト> 大谷能生、大森靖子、川本真琴、佐藤優介(カメラ=万年筆)、sugarbeans、徳澤青弦、西川弘剛(GRAPEVINE)、張替智広(HALIFANIE、キンモクセイ)、松江潤他。


洪申豪
 
透明雜誌 / VOOID的主唱。
個人solo形式發行了「Light Coral」「Bored」兩張專輯。以不插電的氛圍為基調,唱著包含各式音樂性,首首經典般的pop歌曲。另外,自創廠牌Petit Alp Records,發行多張台灣indie音樂人作品之外,他個人在插畫方面也受到各界好評,也於2015年舉辦了首次插畫個展。
2016年組新的樂團叫VOOID

透明雑誌 / VOOID のフロントマン。
ソロとして、「Light Coral」「Bored」2枚のアルバムを発表。アコースティックな雰囲気を基調とし、様々な音楽性を包有したエバーグリーンなポップスを歌う。また、インディレーベルPetit Alp Recordsを立ち上げ数々の台湾インディアーティストのリリースを手がけながら、イラストレーターとしても評価が高く、2015年に初の個展を行い好評を博す。2016年に新バンドVOOIDを結成し精力的にライブ活動中。


DJ:長谷川陽平a.k.a 陽平哥
 
長谷川陽平a.k.a.陽平哥(張基河之臉孔們)
 
從東京的地下音樂界開始活動,1995年對韓國的搖滾樂頓然著迷,起初為了購入唱片前往韓國,在持續往返旅程之中也認識了許多朋友,也開始在韓國和許多樂團一起演出。歷經由金C擔任主唱的Hot Potato、Delispice、黃薪惠等樂團。
2005年加入了韓國的國民樂團【SAN UL LIM】擔任吉他手一職。
2009年擔任【張基河與臉孔們】的吉他手兼製作人,與張基河與臉孔們共同監製的專輯,歷年來也在Korean Music Awards拿下四項大獎。2013年參加了韓國MBC電視台的王牌綜藝節目"無限挑戰"造成絕大的迴響。數年前開始將音樂領域拓展到DJ活動,除了日本和韓國之外,選擇在台灣、香港、新加坡、泰國、印尼、土耳其等非英語系國家表演,在韓國以邀請獨特風格樂團為中心的安山溪谷音樂祭開始,等各類型場地擔任DJ。2016年【張基河與臉孔們】的第四張專輯發行了。
 
東京のアンダーグラウンドシーンで活動していた1995年、突如韓国のロックにハマり、レコードを買うために渡韓を開始。渡韓を繰り返すうちに、韓国にも友人が増え、いつしか韓国の様々なバンドと演奏。김Cがヴォーカルを務めるトゥゴウン・カムジャ(熱いジャガイモ)や、Delispice、ファンシネ・バンド等を経て、2005年に韓国の国民的バンド・サヌリムにギタリストとして加入。2009年からは、チャン・ギハと顔たちにギタリスト兼プロデューサーとして参加し、チャン・ギハと共同でアルバムをプロデュース、韓国大衆音楽賞で4部門を受賞する。2013年、バラエティ番組"無限の挑戦"にバンドと共に出演、大きな話題となる。数年前よりDJ活動を始め、日本や韓国はもちろん、台湾、香港、シンガポール、タイ、インドネシア、トルコ等、非英語圏の音楽を中心にセレクトする、韓国では数少ないスタイルで、安山ロックフェスティヴァルを始め、様々な場所でDJをしている。
2016年6月16日には、 顔たちの通算4枚目のアルバムをリリースした。

長谷川陽平a.k.a.陽平哥関連記事




 カーネーション CARNATION

Monthly Archives